Hatena::Groupsludge

れきしかるとりーとめんと

 | 

Thursday, October 08, 2015

字音仮名遣いについて

  • 歴史的仮名遣い *2
  • いろは歌

とにかく、「いろは歌」の四十七文字の中で、同じ音を表すのに二種又は三種の仮名が存在するという結果になったわけであるが、その際、その中のどれか一つの仮名を正しいものとし、他を誤りとして、語ごとに用いるべき仮名を選び定めたのが、仮名遣いの起源である。

  • 仮名の用法 *3
  • 和語 *4

『新潮国語辞典 現代語 古語』が刊行されてから現在に至る二十年の間にも、学説の進行が著しいので、この種の新説の中で確かなものとして認められるものについては、更に多く採用することとした。その中には、他書にはいまだ見えない説も含まれているので、以下それらについて若干の説明を加え、読者各位の参考に供することとしたい。

  • 新潮国語辞典 *5
  • 漢字音 *6

「誰」「隋」「対」「唯」「類」などを「スイ」「ズイ」「ツイ」「ユイ」「ルイ」とすること。

「宝」「帽」「毛」などを「ホウ」「ボウ」「モウ」とすること。

「方」に「ハウ」「ホウ」との二種類があること。

  • 山田孝雄 *7

「甲」に「カフ」と「コフ」との二種類があること。

「柱」「駐」「厨」「住」「乳」などを「チウ」「ヂウ」「ニウ」などとすること。

トラックバック - http://sludge.g.hatena.ne.jp/ortica/20151008
 |